リクガメの飼い方
トップページ > リクガメを飼う前に > リクガメの生態を知ろう

リクガメの生態を知ろう

リクガメに必要な環境は?何を食べるの?寿命は?まずはリクガメの生態を知ろう。

何より大事な温度管理

爬虫類であるリクガメは外温動物。体温は常に周りの環境に左右され、自分で上げ下げはできません。もちろん野生のリクガメなら自分の生態に適した場所で生息しているから問題ないのですが、日本で飼育する場合は飼い主がリクガメが元いた環境をよく知り、出来る限りそれに近づけてやらなければ生きていけません。

冬になれば部屋の暖房を入れ、体を上から温めるライトや、お腹側から温めるフィルムヒーターなどを用意します。夏は夏で、日陰をつくってやるなど体温の上がり過ぎを防ぐ注意が必要です。1日のうちでも、昼と夜、活動時と寝ている時、それぞれ違った温度管理をしなくてはなりません

¥848
ビバリアツインメーターNEORP−141爬虫類両生
ビバリアRP-141見やすい大きな文字盤見やすい大きな文字盤で温度と湿度を同時に確認できる爬虫類用温湿度計です。吸盤付き
¥2945
三晃商会SANKOマルチファンクション温/湿度計E
サイズ10×25×155cm素材ABS樹脂色黒セット内容本体キャッチャー、キスゴム(2個※コードにとりつけ済)、ボタン電
¥1768
カミハタデジタル温湿度計BIG爬虫類用温度計湿度計
商品名カミハタデジタル温湿度計神畑養魚株式会社(カミハタ)商品サイズ幅44mm高さ102mm奥行き16mm(キスゴム除く
¥950
爬虫類用デジタル温度計/計測器カメセンサーボタン電
カミハタサイズ:幅58x奥行12x高さ37mm(キスゴムは除く)<測定温度範囲23℃〜60℃<コードの長さ1200mm※
¥3010
温度爬虫類チェック小動物小鳥温度計/ビバリア赤外線
物に触れずに測定できる飼育ケージの温度管理にこの温度計は、物の表面から発せられる熱(赤外線)量を測定して温度に換算表示し
¥2020
温度計湿度計/GEXデジタル温湿度計PT-2470
ケージ内の温度と湿度を測定見やすいデジタル表示※コンパクトトップをご使用の場合は、コンパクトトップ上部の溝にスライドして
¥498
GEXジェックスアナログ温度計《爬虫類・両生類の温
商品名ジェックスアナログ温度計ジェックス本体サイズ約φ52×12cm商品説明爬虫類・両生類の温度管理にグラステラリウム内
¥980
ニチドウデジピタマルチ温度計爬虫類・テラリウム用
キスゴムで、ガラス面にピッタと付けるだけのマルチ温度計です。設置が簡単で、見やすい液晶デジタル表示です。仕様・温度測定範
¥1599
カミハタデジタル温湿度計BIG爬虫類用温度計湿度計
商品説明詳細※注意※テスト電池が切れている場合がございます。商品自体に問題はありません。商品説明BIGな文字で、見やすさ
¥650
スドーレプタイルサーモメーター爬虫類トカゲ温度計
商品名レプタイルサーモメータースドー原産国中国原材料ABS、PVC、シリコン対象動物爬虫類サイズ75x20x120商品説

リクガメは何を食べるの?

リクガメは基本的には草食動物です。与える餌は葉物野菜やタンポポなどの野草が中心です。リクガメ用のフードも市販されていますが、リクガメの体は草を消化吸収しやすいように出来ているので、出来るだけ自然に近いいろいろな野菜をバランスよく与えることがベスト。肉などはあえて与える必要はありません。もちろん他のペット用フードや、まして人間用に味付けされた食べ物は決してあげちゃダメです。

甲羅を健康に保つために、リクガメには多くのカルシウムが必要です。また体の生理作用を整えるためにビタミンも欠かせません。市販されているカルシウムやビタミン剤のサプリメントで補います。

いざという時のために

リクガメは人間と共に暮らしてきた動物ではないので、他のペットのように自分からスキンシップを好むことはありません。飼い主としては少々物足りないかもしれませんが、頻繁にべたべた触るとかえってストレスになっちゃうくらいです。また、リクガメが病気やけがをした時、診察してもらえる動物病院はまだまだ多くないのが現実。リクガメを飼いたいと思ったら、まず診てもらえる病院を探しておくことも重要になってきますね。

カメはかなり長生きです。ゾウガメの中には200年、250年生きた例もあるほどです。リクガメも上手に育てれば20年~30年は生きます。他の動物たちが「攻め」の姿勢で生きているのに対し、カメは「守り」の生活。マイペースでのんびり。争うことはほとんどありません。そんなストレスのない生活が長生きの秘訣なのかもしれませんね。